rogo8.jpg


目次
1・交通事故損害賠償の知識

2・入通院慰謝料について!

3加害者請求について!

4・損害賠償について!

5・被害者請求はどうなる?

6・マニュアルの質問!

7・交通事故損害賠償に関する無料冊子のご案内

8・対人賠償責任保険と交通に関する用語集



交通事故損害賠償の知識




交通事故損害賠償金相談なんなりと、

ではゆっくりお読みください〜〜^^



少しでも多くの交通事故損害損害賠償

金を獲得するためには、最初に

交通事故損害賠償の正しい知識を

知ることが重用なんです。

あやふやで中途半端な知識では、もらえる損害賠償金

ももらえなくなってしまいます。

保険会社は、請求されない損害賠償金を支払う努力

をしないのはもちろんのこと、被害者が何も知らないため

請求しない損害賠償金を、保険会社はわざわざ

教えてくれることもありません。

なんだか、役所と同じですね^^

慰謝料などの計算基準を重視するというよりんも、

相手の顔色を伺いながら金額を増減させて出来るだけ

小額の損害賠償金で出示談しようとします。


そのためにはどうするか、いまから、

いろいろご紹介していきますね




交通事故相談なら勉強しましたからなんなりとどうぞ^^

ご興味のある方は是非必見ですよ


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

   これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」
    

ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜

入通院慰謝料について!



入通院慰謝料はしっかりもらわないと

損ですからね

なにも知らないと保険会社にだまされて馬鹿を見るのです。

あまりにも派手に入通院慰謝料

などの金額を少なく算定して示談した

損保会社が、故意に過小示談したとして

後日訴えられたこともありました。

どちらにせいよ交通事故損害賠償の知識をしっかりと

勉強し、最高額の損害賠償及び入通院慰謝料

を獲得しましょう。


ご興味のある方はこの無料冊子をご覧下さい^^

損害賠償請求にお役にたてますよ〜

注)そのサイトは有料サービスの紹介もしていますが、

とりあえず有料の方は無視していただいて

良いとおもいますよ^^

無料冊子だけでも十分得るものがありますのでね

    
無料冊子はこちらのページの無料ダウンロードのところでどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


無料冊子のダウンロード方法


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜


これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

加害者請求について!



前回、ご紹介した無料冊子

読んで頂けましたでしょうか?


まだ、読んでいない場合はこちら↓

こちらから詳しい詳細をどうぞ




こちらのサイトでは交通事故損害賠償請求マニュアル

も販売されていたので思い切って購入してみたのですが

これが結構役に立ちました。


ネットで物を購入するのは不安がありましたが買ってみると

すぐに商品がダウンロード出来てパソコンで見ることが出来た

ので何の心配も入りませんでした。


特に加害者請求被害者請求

は勉強になり役にたちました。


後遺障害認定をうける場合の手続きには、

加害者請求被害者請求

の2 通りがあります。


交通事故で保険金は、自賠責保険

(自動車損害賠償保険・旧、強制保険)と

自賠責で不足した分を任意保険(加害者が加入していれば)

が支払います。

自賠責保険の傷害に対する支払いは、

総額120 万円(限度額)です。


任意一括払い対応では、任意保険会社は自賠責保険から

支払われる治療費や休業損害等(限度額120万円)を

立て替えてあなたに支払いますが、示談成立時、事故から

1年が経過した時点もしくは立て替えて支払った金額が

120万円を越えた時点、このいずれかの時点に達した場合、

任意保険会社は立て替えた金額を自賠責保険会社に

請求します。


これを加害者請求といい、任意保険未加入の加害者本人が

あなたの治療費や休業損害等を立て替えた場合は、

加害者本人が自賠責保険(限度額120万)に加害者請求する

ことになります。


など事細かく教えてくてていますし、この情報は、

著者の体験が具体的に書かれています。



わからないことがあればメールすればすぐに教えて

もらえるので、精神的にもかなり安心することができます。


著者の赤川さんも被害者なので被害者の気持ちがよく

わかってらっしゃいます。


もし、あなたも交通事故で被害者になり今後のことで

悩んでいたり不安に思うことがあれば一度検討されて

みてはどうでしょうか?


損はしないと思いますよ。



きっと交通事故賠償問題でお悩みの方のためになると

おもいますよ

それに後遺症の事まで考えないといけないですからね。

知る知らないだけで0の桁が1つや2つ大きく

違うんですから怖いですよ^^


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」



なんでもいいですよ〜〜ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜
タグ:加害者請求

損害賠償について!



交通事故損害賠償関連のマニュアルは


私が紹介してるものの他にもありました。


人それぞれ、いろんな情報もみてみたいでしょうから

見られてから検討してもいいかもですね^^

損害賠償はしっかりして

もらえるようにしましょうね

損害賠償マニュアル1



損害賠償マニュアル2




他のマニュアルの中身はわからないのですが、

一切のサポートがないってところきになりますよね。

いくらいいものを手に入れても多少なりとも

疑問があって当然なのですが、サポートがあるないでは

やる気すら途中でなくなります。

その点わたしの紹介してるマニュアルは実際に

サポートも丁寧ですし何度でも優しく教えて

いただきアドバイスもくれます。

わからないときは責任をもって貴方がより

多い賠償金を得られるために親身に

なってくださいますから^^

類似品はいろいろございますが、とりあえず

こちらを参考にしておけば間違いないとおもいますよ



     私のお勧めです


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」




ご質問等がございましたらお気軽に〜〜

内容は知っていますので結構お答え出来るとおもいますよ。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜
タグ:損害賠償

被害者請求はどうなる?



今日は、交通事故で被害者になった場合の

恐ろしいお話を1つ紹介します。



被害者請求 (自賠法第十六条)

被害者請求とは

なかなか耳にしないですよね


これは、被害者自身が自賠責保険会社に保険金を

請求する行為です。


なぜ被害者請求なのか

加害者請求のデメリット


なぜ面倒な被害者請求を私が強くお奨めするかというと、

3 つの重要な理由から1つ紹介します。


それは、後遺障害の認定を確実なものにするためです。


後遺障害認定を受ける場合、一般的には

現在対応している任意保険会社から後遺障害診断書の

用紙が送られてきて、これを主治医にお願い

し書いてもらいます。


任意保険会社担当者は、加害者が加入している

自賠責保険会社に送ります。



受け取った自賠責保険会社は、それらをさらに自動車損害保険


料率算出機構(損保料率機構)の自賠責損害調査事務所に送付します。


今度はあなたの後遺障害の調査をするため、

あなたが通院した各医療機関に対してあなたの

医療照会をするための同意書が、調査事務所より送られてきます。


同意書を送り返すといよいよあなたの後遺障害認定の

調査が開始されます。


これは、任意保険会社が素直に手続きをした場合であって、

何か小細工をしようと思えばあなたの知らないところで

いくらでも出来るのです。


保険会社はなるべくお金を出さないように考えてしまうからです。




これらを防止するためには被害者請求がベストです。



このように知ってるか知らないかで大きな違いはいくらでもあるんです。


交通事故賠償に出くわしてしまった方は是非この知識をしっている方

が断然いいのですから


私のお勧めです


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


ご質問等がございましたらお気軽に〜〜

内容は知っていますので結構お答え出来るとおもいますよ。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜
タグ:被害者請求

マニュアルの質問!




私はこのマニュアル見たとき、知らない事って

多いなって感じました。

もうそれはビックリしまくりました

それにだれでも簡単に出来ることなんですから。

私でよければいつでも相談にのります。

なにかご不明な点がありましたら、こちらの

フォームからお気軽にご質問くださいね

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マニュアルのご質問はこちらからご遠慮なくどうぞ〜〜



「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」
タグ:マニュアル

交通事故損害賠償に関する無料冊子!



交通事故損害賠償に関する無料冊子

を集めてみました。


ご興味がございましたら、こちらにお名前(ハンドルネーム可)と


メールアドレスを打ち込んでくださいね^^


折り返し交通事故損害賠償

関する無料冊子のダウンロード方法をメールにて

お送りしますからね


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


交通事故損害賠償無料冊子のダウンロード方法



究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル

対人賠償責任保険と交通に関する用語集

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、

被保険自動車の所有、使用、管理に起因して、

対人の生命または身体を害することにより、

被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することに

よって被る損害をてん補する保険です。



自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)
(じどうしゃうんてんしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)


運転者を1名限定して契約を結び、その契約者が他人名義の車を借用

し運転して事故を起こしたときに支払われる保険です。対人賠償、対

物賠償、搭乗者傷害など、必要な保険を


組み合わせて契約します。ペーパードライバーには便利な保険です。



賠償金(ばいしょうきん)


他の人に与えた損害を、与えた人(加害者)が償って払うお金のこと

です。




自損事故保険



自損事故保険は、次の二つの条件が満たされたときに支払われる保険です。

@ 被保険自動車の運行に起因する急激かつ偶然な外来の事故により、

被保険者が体に傷害を被ること。


A その傷害によって被保険者に生じた損害について、自賠責法三条に

基づく損害賠償請求権が発生しないこと。



無保険車傷害保険



無保険の相手自動車の所有、使用、管理に起因して被保険自動車の被

保険者が死亡もしくは後遺障害を受けたことによる被保険者本人また

はその父母、配偶者、子の被る損害に対して


保険金が支払われます。
 
この保険による保険金の支払は、無保険車事故について法律上の損害

賠償責任を負担する者が存在すること、すなわち保険金請求権者に法

律上の損害賠償請求権が発生した場合に限られます。




安全地帯



路面電車に乗降する者若しくは横断している歩行者の安全を図るため

道路に設けられた島状施設又は道路標識及び道路標示により安全地帯

であることが示されている道路の部分をいう。




軽車両



自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引

され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含

む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の

車以外のものをいう。




進行妨害




両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するた

め他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこと

となるおそれがあるときに、その進行を継続し、


又は始めることをいう。




示談とは?




事故による損害などについて加害者と被害者の双方が


話し合い、合意して民事的紛争を解決すること言います。

加害者と被害者が示談するということは、


損害賠償金の問題を解決するということになります。

これは、民法上の和解契約に該当する法律行為とされています。

現実的にいうと、損害賠償額を決めることです。

示談がいったん成立すると、法的効力を生じ、


たとえ後から示談したことと違った確定的な証拠が


出てきたとしても、もはや示談が成立した以上、


錯誤・詐欺、強迫など意思表示の瑕疵が認められない限り、


その効力をくつがえすことはできないので注意して下さい。



もし話し合っても、加害者と被害者双方がどうしても


納得できない場合は、民事裁判で訴訟を起こすことも可能です。





交通事故の相談

はじめて交通事故にあった場合は相談しましょう。

交通事故の処理に必要な知識、情報は法律から


医療までとても多く複雑です。

トラブルが大きくなる前にわからないことは


弁護士や医師になんでも相談するようにしましょう。

お金がかからない『無料相談』のサイト(窓口)があります。

相談員に電話で問い合わせて見て下さい。

ただし、各窓口での『解答』が正しいかどうかは


自分で見極め、自分で決定してください。






このテキストは、東京・大阪・名古屋・福岡等の主要都市は勿論の事、北は東北・北海道から

南は沖縄まで全国各地の案件に対応しております。

勿論、愛媛や高知などの四国地方もOKですからね。

新・示談交渉の技術―交通事故の想定問答110番〈2006年改訂版〉 (単行本) の紹介

内容(「MARC」データベースより)
各企業の事故処理担当者や保険、共済の査定担当者など、職務として交通事故の損害賠償、示談事務に携わる人々のために、各関係者との対応の具体的方法を想定問題によって解説。企業における個人情報保護、CSRなどに対応。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤井 勲
昭和40年東京大学法学部卒。昭和42年東京地方裁判所判事補。昭和45年神戸地方裁判所判事補。昭和47年大阪弁護士会登録。昭和55年日弁連交通事故委員会委員。昭和55年、56年、57年大阪弁護士会交通事故委員会副委員長。昭和58年大阪弁護士会交通事故委員会委員長。昭和61年日弁連交通事故相談センター理事。事務所:淀屋橋法律事務所

泉 薫
昭和57年東京大学法学部卒。司法研修生。昭和59年大阪弁護士会登録。淀屋橋法律事務所入所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

示談交渉人裏ファイル (角川文庫) (文庫)の紹介


ここは書籍の紹介です。こんなものもあります。参考になれば

幸いです。



出版社/著者からの内容紹介
交通事故の敏腕調査員が明かす示談交渉の実態。衝撃ノンフィクション。

「俺達の仕事をやりにくくしてくれてありがとう。」ジャーナリスト・柳原氏に届いた一通の手紙。そこから示談交渉の驚くべき実態と損保業界の問題点が浮かび上がる!



内容(「BOOK」データベースより)
「俺たちの仕事をやりにくくしてくれて、どうもありがとう」交通事故被害者の立場から自動車保険や査定システムの問題点を告発するジャーナリスト・柳原氏に届いた一通の手紙。それは、損保会社や運送会社で交通事故の損害調査、示談交渉を長年手がける浦野氏との出会いの始まりだった。治療費打ち切り、交通事故偽装、尾行、談合、葬式列席マニュアル…弁護士さえ知らない示談交渉の生々しいやりとりと、査定現場の驚くべき実態が明らかにされ、損保業界や交通行政の問題点が浮かび上がる、衝撃のルポルタージュ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。